論より食事

アクセスカウンタ

zoom RSS 海老と豚の融合/川崎 蓮爾(はすみ)登戸店

<<   作成日時 : 2007/04/22 21:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像


大山川崎店で桜エビを使ったラーメンを食べ損ねていたため、海老風味のラーメンが食べられる店として調べがついていた「蓮爾(はすみ)登戸店」に行ってみました。
こちらは24時まで営業していること、通勤経路からあまり外れないので交通費をそれほどかけずに行けるため、私にとっては比較的行きやすい二郎系のようです。

画像

10時過ぎに到着すると、数席空席がありすぐ着席できる状態でした。
入口の所にメニューと注意書き(麺の量が360グラムと多いこと)が掲示されています。
食券の自販機はメニュー番号を入力して買うシステムで、注文ごとにプリントされた紙が出てきます。
味で3種類(デフォルト、エビ、たま(節系粉末と刻み玉ネギのラーメン))、普通のラーメンかつけ麺か、そして麺と豚の量でメニューが細かく分かれるため、結構種類があります。
その中から「連エビ小つけ麺(950円)」を注文しました。

カウンター下に物を乗せる棚がないですし、かといって床の上に置くにはあまり奇麗でないため、座った場所によっては苦労しそうです。幸いすぐ後ろに雑誌が散乱していた場所があったのでそこに置いておきましたが、他の人は冷蔵ケースの上に置いたりして対応していました。

画像

着席して約10分、こちらが「連エビ小つけ麺」です。つけ汁だけではなく、野菜も別盛で出てきますので、結構場所をとります。

画像
野菜はほぼ100%もやしで、キャベツをたまに見かけるくらい。茹で具合はシャキシャキではないですが、茹で過ぎではない程度です。増しにしなければ箸休めにちょうどいいくらいです。


画像
ラーメンではエビのペースとは丼の縁に付けられるそうですが、つけ麺の場合は付け汁のそこに沈んでいます。したがって見た目は普通のつけ汁と変わりありませんが、香りからして違います。カウンターの上に乗せられただけでエビの香りが漂ってきます。
そして粒上に殻などが残っているので食感の変化も楽しめます。


画像画像


そして、麺。非常に太くて固い麺です。啜るように食べるのは無理で、1本ずつ噛んで食べなければなりません。ある意味外国人向けかもしれません。好き嫌いが分かれそうですが、私は嫌いではありません。

画像
豚がまたすごい。モモ肉を使っているのでしょうか、比較的赤身が多いのですが、結構柔らかく、味もしっかり染み込んでいます。



麺も豚も噛みながら食べ進めなければならないので、結構時間がかかります。これで後ろに行列があると非常にプレッシャーがかかりますが、幸い行列はないので、安心して慾噛んで食べること約20分。完食してスープ割をお願いします。こちらでは別のどんぶりにスープを入れて出してくれますので、またカウンターの上に丼が増えてしまいます。

画像
つけ汁に全てスープを入れた状態がこちらです。スープの油の層が上にあるため、もとのスープの色に近いのですが、混ぜるとつけ汁の醤油が目立つ色に近づきます。混ぜる前のスープを飲むのを忘れてしまったので、単独ではどのような味かわかりませんが、混ぜた後の味はとんこつ醤油にエビの風味が加わってとても美味しかったです。
さすがに満腹だったので3分の1くらいでやめましたが、それでも結構飲みました。
スープの量が少なめの二郎なら完飲に近かったと思います。



非常に癖の強いラーメン店ですが、私にとっては二郎系としては行きやすい立地ですし、店主は愛想がいいわけではないですが割とのどかな人でピリピリしていません。
何度か足を運んでしまいそうな予感がします。

訪問日:2007/4/20 夜
お店の情報はこちら→ livedoor東京グルメ 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
蓮爾行きましたかぁ〜。
僕はあんまり・・。今確認したらうちのブログではあまり見ないキーワード「マズ○」が登場していました^^;
でもその後に麺とか変わったらしいですね。
くに
2007/04/23 07:24
「蓮爾」が登戸にあるんですね。
昔の「町田二郎」から店が変わったときは、大丈夫かな?と思ったのですが、発展している様子でホッとしています。
ヒロキエ
2007/04/23 10:15
こちらは二郎系なんですの?
豚に海老が加わっているとは、濃厚な感じでソソられちゃいますわね♪
1本1本噛みながらゆっくり食べなければならないほど太い麺!
ごん太の麺にリトルなうずらの卵が可愛らしいですわ(笑)
華麗叫子
2007/04/23 15:41
★くにさん

くにさんの記事は事前に読んでいましたが、あまり評価が高くなかったので記事内リンクは控えました。
確かに麺は相当大味だと思いますが、独自性はありますね。
常連風のお客さんと店主との会話では、スープは以前と変えているようでした。いざ変えるとなると半月くらいかかるそうですが、今の路線でいくかは評判次第と言っていました。
西一 
2007/04/24 00:08
★ヒロキエさん

元をたどると旧町田二郎であるとの記事は某有名ジログで読みました。「蓮爾」という店名が付いているのは現在登戸店だけのようですね。遅い時間でしたが、コンスタントに客が入っていたので、それなりに繁盛しているようです。
西一
2007/04/24 00:23
★華麗叫子さま

ここは二郎系に分類されるようですし、トッピングコールも二郎流です。
エビが加わることで相当スープの味が変わるようですので結構楽しめました。
もちろん、麺も含めて洗練された関内二郎とは似ても似つかないワイルドさです。
うずらは二郎では時々見かけるようですが、この極太麺と並んでいると妙にかわいらしいですね(笑)

西一
2007/04/24 00:24
凄い麺だ。。。まるで絞り出し袋からにゅるにゅる搾り出したかのような見た目ですねwww

引越しに伴い登戸は帰り道になりました。そのうち寄ってみます♪
ぐるめ
2007/04/26 19:54
★ぐるめさん

ラーメンブロガーの方たちだと、ここの麺は箸で摘んだところを写真に撮ってます。そうすると割りばしより麺の方が太いことがよくわかるのですね。
味の方は好みに合わないかもしれませんが、ネタにはなると思うのでぜひ行ってみて下さい。
西一
2007/04/27 01:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
海老と豚の融合/川崎 蓮爾(はすみ)登戸店 論より食事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる