論より食事

アクセスカウンタ

help RSS 二郎出身の優等生/世田谷 らーめん陸

<<   作成日時 : 2007/05/13 15:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


くにさんの「ジャポ二郎」「その他二郎系」のカテゴリーを見ていたら、割と評価が高いものの、遠いことを嘆いていた「らーめん 陸」というお店を発見。こちらの店主は二郎上野毛店で助手を務めた方とのこと。
私にとっては駅から歩くものの通勤経路上にあります。色々調べてみると、今密かに抱いている野望達成の店としても条件が揃っていることが分かり、行ってみることにしました。

駅から歩くこと20分弱。特に迷わず着くことが出来ました。
二郎と異なり、比較的席の後ろにスペースがあるため、店内の客席の後ろに待つことが出来ます。店外に行列はなく、券売機で食券を買っている間に待っていたお客さんは全て着席しました。

画像

豚増しは売り切れだったため、「らーめん(650円)」を購入。麺の量は普通で270g、大盛りで360gと表示されています。
先日の「蓮爾 登戸店」は普通で360gだったので、大盛りでもよかったのですが、普通の麺の量を確認しておきたかったので、普通にしておきました。
こちらは二郎と異なり、トッピングは先に言わなければなりません。
着席のときに食券をカウンターにすぐ置かず、助手(店主の奥様らしい)に食券を渡しながらコールするのが確実という情報があり、それを実行。昼はほとんど野菜を摂っていなかったので「野菜まし」でお願いしました。

画像

こちらはニンニクは卓上に置かれています。少々入れようかと思ったのですが、ふたを開けたら漂ってきた香りを嗅いで入れることを断念。家族が家にいないときにでも食べない限り無理のようです。

画像

約10分ほどでやってきました、「らーめん 野菜まし」です。
評判のいい豚は、巻き豚のような形のものと普通のものと2枚。厚み・大きさとも十分でとても美味しそうです。周囲が若干赤かった理由はよく分かりませんが、味には影響ないようです。少しかじってみると噂通りカエシなどには浸してないようであまり味が浸みていません。すぐ食べずにスープの中に浸しておきます。

画像
野菜側から撮るとこんな感じです。もやしとキャベツが別々にきれいに盛られています。茹で具合はシャキシャキ感を残しながら生っぽくないちょうどいい感じでした。



画像
麺は表面がツルツルしたもので二郎系としては標準的な太さでしょうか。
際立った個性があるタイプではないと思いますが、相当美味しいです。
スープにしてもそんな感じで、脂も比較的すっきりしたとんこつ醤油のスープと言ってしまいたくなるものでした。おそらく二郎など食べたことのない普通の人が食べて違和感のないものでしょう。



スープに浸しておいた豚を食べると脂身の部分が暖まっていい感じです。これは相当レベルが高い豚だと思います。
豚に限らず、麺・スープ・野菜、全てにおいて水準が高いと思いました。そして量も大盛りでなければ知らずに入ってきて注文しても何とか完食できるくらいでしょう。これならジロリアン以外の人たちにも支持されていることがよくわかります。

事前に情報を得ていたのですが、こちらは二郎の支店ではなく、どちらかというと地元密着のラーメン店であるため、例えば後ろに待っている人がいたとしても、雑誌を読みながら食べたり連れが食べ終わるのを待っていても店の人に注意されたりしません。
このため、回転が多少悪いのですが、早く食べなければならないプレッシャーがあまりないと言えます。

さて、私の野望に条件が合うかどうかについては、ほぼ100%満たしていると思いました。
ちなみにその条件とは以下のようなものです。
@待ち時間があまり長くない。
A麺の量を確実に少なく出来る。少なくした分他人に来ない。(一人分少なくしてもその分が自分にきたら意味がありません。)
Bつけ麺がある。
Cジロリアンペースで食べられなくても顰蹙を買わない。

ここまで書けばおおよそ見当がつくかと思いますが、二郎もしくは二郎系に一緒に行きたい人がいるのです。その人は多分気に入るでしょうし、格好のブログネタになりそうですし。ただそれを実行するには相当周到な作戦を練らなければなりませんが。



訪問日:2007/4/27 夜 
お店の情報はこちらで→ livedooor東京グルメ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ご紹介ありがとうございます。
大きいような小さいような野望ですね(笑)
相当周到な作戦・・。
何なんでしょうか^^;
くに
2007/05/14 08:27
★くにさん

確かに野望というより企画程度でしたね(笑)。
私がこの企画に参加させたいのは2人でなく1人だけなので、いつも一緒にいるその2人をいかに引き離すかが最大の課題です。

西一
2007/05/15 01:23
陸は私も好きです。たしか卓上に唐辛子と醤油タレもあって後から自由に味を変えられるのは良いと思います。二郎的なラーメンが食べられるといった観点では目黒屋ぎょうてんラーメン水曜(メグ二郎定休日)限定のぎ郎もよいかもしれません。スープと麺は十分二郎的だと思います。量は少なめ(二郎基準)で待たないし普通のペースで食べられ、汁なしぎ郎もあります。卓上に辛子高菜があるのですがこれが意外とマッチして、関内のニラキムチより個人的にはお気に入りです。
tag
2007/05/16 21:55
★tagさま

コメントのお返し、遅くなって申し訳ありません。
目黒屋ぎょうてんラーメンのご紹介ありがとうございます。
関内はなかなか行けるところではないですから、目黒屋ぎょうてんラーメンの汁なしぎ郎、試してみたいところです。辛子高菜もよさそうですね。


西一
2007/05/19 23:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
二郎出身の優等生/世田谷 らーめん陸 論より食事/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]