西新橋カレーヌードル対決 後編/西新橋 月島ら・く・さ

画像


西新橋カレー激戦ストリート、カレーヌードル対決の後編は、マレー半島の代表的な麺類であるラクサのお店、「月島ら・く・さ」です。
こちらは、まだ商業サイトでは掲載されていないようですが、かつてこの周辺をエリアにされていたこの方(通称シンバシーレッド)や現在もエリアにされているこの方(通称シンバシーブラック)、そしてもちろんこのエリアを語る上では欠かすことの出来ないランチ王のこの方が行かれており、西新橋グルメブログ界では既に定着しています。そして、ゴージャスなお姉様はASIMOに抱っこしてもらって降臨されています。

私は昨年の11月上旬の夜に訪問し、チキンラクサを頂き、料理や接客は好印象だったものの、ボリュームは少なめだったので、盛りのいい店の多いこの界隈でやっていけるのかと感じました。そのせいばかりではないのでしょうが、その日は夜7時台なのに他に客はおらず、経営的に先行き厳しいのではないかと考えていました。

西新橋には、東南アジアのヌードルを出すお店としてフォーの専門店「motmot新橋店」も昨年後半にオープンしていますが、こちらも月島ら・く・さ同様、昼は女性中心に集客していても夜は苦戦をしていました。共通しているのは、ヘルシーで量もそう多くないので女性には向いているのですが、ボリューム不足で残業のサラリーマンやタクシー運転手からの支持を得られそうにないことです。
これを反省してか、motmot新橋店は年末くらいから生春巻きや炊き込みご飯などと引き替えられるクーポン券を街頭で配ったり、ホットペッパーにデザートや替え玉をサービスするクーポンを載せたり、大盛りを無料にしていたり、経営努力をしていました。
月島ら・く・さも何か手を打つべきではないかと他人事ながら心配していました。

画像

画像そんな状況で、この日も夜8時近くに訪問しましたが、やはり先客はいません。ただ、ラクサ(ビーフン麺)以外にラクサミー(小麦麺)が選べるようになっていたり、それまでなかったセットメニューがあったり、さらにはおまけ程度しかなかった夜のおつまみメニューが充実していたりと大幅に変わっていました。
やはり、改善への意気込みがあったのだと少し安心しました。


画像

折角なので、新メニューであるラクサミーセット(900円)を注文しました。
スープはラクサと共通のようで、カレーをベースにしつつ、マイルドな仕上がりでどんどん飲んでしまいます。
具はもやしと厚揚げ、青梗菜でこれもラクサと共通ですね。

画像ラクサミーはラクサと異なり、縮れ麺で色も普通のラーメンと近い色でした。ラーメンと比較するのもどうかと思いますが、より独自なものという意味ではラクサの方が上と思いますが、スープとの相性は決して悪くありません。


画像セットのチャーシュー丼は、丼全体が熱かったので恐らく丼全体をレンジで加熱したのではないかと思います。ご飯に対してチャーシューの量は不足気味で、その割にたれが万遍なくご飯に行き渡っているのでスープにご飯を投入するわけにもいかず、ちょっと中途半端だったような気がします。どうせなら別盛りで出してもらった方が、食べる方で色々選べて良いのではないでしょうか。チャーシュー自体は適度に柔らかく、値段からすれば特に不満はありません。


本当はこういったことはその場で言った方がいいのでしょうが、その時はとてもそんなことを言える状況ではなかったのです。(言い訳がましいですが。)
と言うのは、私が入店して数分後、この世界での有名人ではないかと思われる人が来店し、店主と語り始めたからです。(その方は銀座にほど近いエリアについて「王」と称されている方ではないかとお見立てしました。)

その方との会話の中で店主は、先日ゴージャスな方も出演されたラジオ番組のパーソナリティの方が、記事を連載しているある雑誌にこのお店を取り上げてくれることとなり、今日取材があったことなどを話しておられました。
店主は、会計の時、私にもラクサミーの感想を尋ねたり、夜は居酒屋としても利用してもらえるようメニューを充実したが、新調した看板が入り次第宣伝にも力を入れることなどを説明してくれました。
ここのラクサがどの程度本場のものと近いのか私には分かりませんが、色々なものが食べられること自体幸せなことですので、こういった姿勢や営業展開が起爆剤となり、永く営業してもらえたらと思ってます。

さて、西新橋カレー激戦ストリートにおけるカレーヌードル対決、色々嬉しいことに遭遇できたということも含めて、「月島ら・く・さ」の勝ち、としておきます。



訪問日:2007/1/19 夜
お店の情報
 月島ら・く・さ
港区西新橋3-8-2 萬楽園ビル1階
 電話&Fax 03-3431-1250
 営業時間:11時~15時、17時~23時(L.O.22時30分)
 休業日:日祝


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

tsukijigo
2007年01月27日 03:58
おほっ!、耳寄り情報つきの記事ですねぇ♪
「ラクサ」も「ラクサミー」も初めて拝見しました。
ラクサミーって、見た目はタンタンメンっぽいですね~。
マイルドな味ってことは、ココナツミルク入りかな?
西新橋一時勤務
2007年01月27日 07:43
★tsukijigoさん

成分分析に自信がなかったので本文には書きませんでしたが、調べると通常ラクサはココナツミルクベースで作るそうですし、こちらも間違いなくそうです。
見た目は坦々麺に似ていますが、それの思いっきりクリーミーなタイプといった感じの味でした。
Con Brio!!さん(くどいですがシンバシーブラック)が記事に対するコメントで坦々麺との比較を書いておられます。
華麗狂子
2007年01月30日 11:33
残念ながら苦戦中とは・・・
まず、らくさの知名度もあると思いますが、本場にこだわっていないのが
致命的。本場マレー半島では4種ほど麺が選べますの。
あといただけないのは、おつまみね。ふやせばいいってもんじゃないでしょ!マレー料理的なおつまみにするとか。。。
ししゃもとかって・・・単なる赤提灯になりさがってしまうなんて!
女性がより行きにくくなった気も。
致命的な理由!それは新橋なのに月島らくさとはこれ如何に?
西新橋一時勤務
2007年01月31日 00:44
★華麗狂子さま

たしかにおつまみメニューで魅力的なのはチキンラクサとシュリンプラクサのハーフくらいでしょうか。
麺の種類は段々増えていくかもしれません。
千葉セナ
2007年03月04日 21:48
ん~ラクサ!美味しかったです!!
確かに麺は色々とあると思いますが、あのスープにあの麺はあっていると思います。オーストラリアに住んだことのある方!懐かしいラクサだと思います。是非ぜひ!!
西新橋一時勤務
2007年03月04日 23:03
★千葉セナさま

はじめまして、コメントありがとうございます。
千葉セナ様はオーストラリアに在住されていたのですか。
danchuの記事で知ったのですが、こちらの店主はオーストラリアのラクサを手本にしているので、オーストラリア在住経験のある方にとっては東南アジアの本場のものより馴染みがあるのかもしれませんね。
どちらにも住んだことのない日本人にとって、どちらの地域のものにより近いかはそれほど本質的な問題でなく、好みの味かどうか、美味しいかどうかが重要なことなのでしょう。
こちらは純粋な味だけ考えれば、これからも営業を続けてほしいお店だと思います。

この記事へのトラックバック