閉店前に③ 坦々麺②/銀座 芝蘭

これが3度目、そして私にとっては最後の「芝蘭」ランチ。
今日は、汁ありの方の「坦々面(1000円)」を注文しました。

画像

ここも青菜は青梗菜でなく、小松菜ですね。
挽肉も甜麺醤は使わないのでしょうか。甜麺醤を味付けに使うのは少数派なのでしょうか。
麺は白くてストレートなもちもちの麺です。柔らかいので歯ごたえを求める人には向かないかもしれません。
スープはそれなりに辛いですが、「汁なし」に比べると痺れはあまりありません。
その意味ではより万人向けのメニューですね。

画像
麺を食べ終わった後はご飯を投入。
これが結構美味しいです。試される方は挽肉をある程度残しておいた方がいいと思います。



これで、私にとっての「芝蘭」のランチは終了です。
結局お知り合いの方々にはち会うことはありませんでした。
駆け足で主要メニューだけ食べましたが、今思うのは、杏仁豆腐を一杯食べられて幸せだったということ、ここが四川料理としてどれだけの位置付けにあるのかわかりませんが、今後の基準として私の中に生きていくことと思います。
さようなら、芝蘭、また会う日まで。

訪問日:2007/2/21

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

モモ
2007年02月23日 13:36
麻婆豆腐はとても好みです♪
麺はもう少し硬さがあった方が好みでした。
西新橋一時勤務
2007年02月24日 05:29
★モモさん

モチモチしているのはいいのですが、私も麺はもう少し固い方が好みだなと思っていました。
麻婆豆腐は痺れるタイプをあまり食べた経験がないので、やみつきになるかどうか、まだわからないですね。

この記事へのトラックバック