シリーズ愛しの天丼 その4/西新橋 天富

画像


このシリーズの第1回ぐるめさんから、「天ぷらにはタレをかけず、ご飯にだけ軽くかける、といった希望を聞いてくれる店はないか」という宿題をもらっていました。
この日はそのような要望を聞いてくれそうなお店で天丼を食べることにしました。

この界隈を代表する天ぷらの名店、「逢坂」から1分もかからないところに、「天富」はあります。一見持ち帰りの天丼だけしか扱っていないように見えますが、実は入口から入って左側にイートインスペースがあるのです。
恐らくオフィスに貸していたところに居抜きで入ったのでしょう。スチールの両袖机にビニールのテーブルクロスを掛けただけのところで食べることになっています。座る椅子もオフィスそのものです。

画像
この写真の右手が入口で、奥が天ぷらを揚げるスペースです。この写真に写っているところの左側に冷蔵庫が置いてあります。



画像
机はこんな感じです。私の左足が写ってしまってますね(笑)。



こんな店内ですが、こちらのご主人、もともとはこの界隈でちゃんとした天麩羅屋を構えていたようです。2004年限りで閉店し、しばらくしてから現在の場所で営業を再開したようです。

画像

さて、肝心の天丼(550円)です。ご主人にお願いして、天つゆはご飯にだけかけてもらい、てんぷらにはかけず、ご飯の上に載せてもらうだけにしました。
持ち帰りの弁当と値段は同じですが、店内で食べるとみそ汁が付いてきます。
えび、いか、あなご、なす、そしてみつばとたまねぎのかき揚げという構成です。

画像
テーブルに置かれている塩で頂きましたが、香ばしく揚げられた天ぷらの食感を楽しみながら食べてることが出来ました。完全なカラッと天ですね。
ネタもいかを除けばそれぞれ十分な大きさで、コストパフォーマンスは非常に高いと思います。



食べ終わった後ご主人に聞いたのですが、何とこの日は私と同じ提供の仕方にするようお願いした女性客がいたそうです。その人は天ぷらがしなっとなるのがいやだったそうです。

このような食べ方は、店としてもさほど手間ではないのでどこでも出来るかもしれないですが、お店の人との距離をどのように感じるかでこういう要望を出せるかどうか決まるように思います。
このようなお店が気軽に利用できる範囲にあるというのはありがたいことだと思います。


さすがに誰も店内で食べた記事は書いていないと思ったら、この方が来店、しかも1000円の天ぷら定食を召し上がってました。貧乏性の私にはその度胸はありません。

訪問日:2007/3/5 夜

営業時間:21時まで
住所:東京都港区西新橋2-15-6


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

素晴らしい!!
2007年03月07日 11:04
今日のお昼ご飯が決まりました。ありがとうございました♪
夢飯の裏くらいなら余裕で行ける距離ですし^^

やっぱ折角揚げたんならパリっとしてて欲しくて。。。同様に苦手な物として餡かけ炒飯がありますがw、かた焼きそばや南蛮漬けを旨い旨いと喰ってる地点で説得力が皆無です。・゚・(ノД`)・゚・。
華麗叫子
2007年03月07日 15:22
オフィスというシチュエーション、
550円という価格、テーブルクロスの柄、
どれをとってもココロをくすぐられますわ♪
不思議と落ち着きそうな雰囲気でございますのね(笑)
つきじろう(tsukijigo)
2007年03月07日 18:18
タレのこだわり、わかります♪
カツカレーでも、カツの歯ごたえを失わないように
「ごはんにルーをかけてからカツを乗せて!」って、
私も顔なじみの店では頼みますから。
西新橋一時勤務
2007年03月08日 02:54
★ぐるめさん(ですよね、別の方でしたらごめんなさい)

喜んで頂けたようで良かったです。
ブログを開設する前からレポートする予定でしたが、グルメさんからのリクエストのおかげで、単に店内空間が凄いというだけでないレポートをすることが出来たので、私としても感謝してます。

揚げ物と一口に言っても、その料理毎にどのように食べるのが良いか色々違いますよね。南蛮漬けはしなっとした衣が美味しいですし、かた焼きそばは段々柔らかくなっていくところが良かったりしますしね。
西新橋一時勤務
2007年03月08日 02:55
★華麗叫子さま

人によってはこんな味気ないところで食事をしたくないでしょうが、作り手との距離が近くて(しかもご主人、凄くおしゃべりです)、チェーン店では醸し出すことの出来ない独特の雰囲気があります。昼でも揚げ置きしていないようなので、おそらく儲けはそれほどないでしょうから、ひょっとしたらご主人は天ぷらを揚げて食べてもらえればそれで十分と思って店をやっているのかな、などと思ってしまいます。
西新橋一時勤務
2007年03月08日 02:56
★つきじろうさん

私は単に揚げ物好きでサクサクにはあまり拘りませんが、調味料の好みは結構あります。フライだったら醤油をかけるのが好きなので、予めソースとかをかけて出されるのは嫌ですね。
ぐるめ
2007年03月08日 11:30
ああ。。。タイトルじゃなくて名前入れるシステムでしたねorz

1番上のコメントは僕です^^;
しかししくじったなぁ。。。店内写真撮ってくればよかった。あの空間は想像以上でしたw
まぁ激安なのでまたそのうち行くからいいやw
僕もご主人のトークに捕まりました。帰社予定時刻を大幅にオーバーするハメにw
西新橋一時勤務
2007年03月09日 03:27
★ぐるめさん

早速行かれたんですね。
あそこで食べるって、結構凄い経験ですよね。視覚の天富、嗅覚のダルニイといったところでしょうか。
ご主人のトーク、時間の余裕のある夜ならいいですけど、昼はちょっとつらいですね。
takapu
2007年03月11日 00:40
 はい、私はマニアックな店が大好きなもので(笑)。
 
 このお店のように、店主の温かい気持ちと一本の芯が伝わってくるお店こそ、常連になりたいものですよね。
西新橋一時勤務
2007年03月11日 22:44
★takapuさま

コメントありがとうございます。また、勝手に引用させていただいて恐縮です。
私が見た限り、本当にここで食事したことを掲載しているのは唯一だと思います。しかも店内空間をネタにしたくなると思うのですが、それはせず、純粋に料理や店主との受け答えなどしか書かれていないところに、takapuさまのお店や料理に対する姿勢がうかがえました。
そのうち私も思い切って定食を頂こうかな、と考え始めてきました。

この記事へのトラックバック