ちょい辛? 担々麺③/新橋 四季ぼう坊(しきぼうほう)※「ぼう」は「保」の下に「火」

画像


久し振りの担々麺シリーズです。元シンバシーで、とても精力的にランチレポートをされていたprayforrainさんからご推薦を頂いた「新橋 四季ぼう坊」に行って参りました。

道路に面した壁に、文字だけのメニューや写真入りのメニュー、そして紹介されたときの雑誌の記事を張り出すという、商売気のある積極果敢なお店です。
予定通り「四川担々麺(税込み840円)」と、ランチタイムに麺類を注文すると100円で付けられる半チャーハンを注文しました。

画像

こちらが「四川担々麺」です。右奥に見えるのは「ジャスミン茶大ジョッキ(0円)」です。

画像
炒めた唐辛子が結構な量浮かんでいる他、ラー油が相当な量入っているようです。「芝蘭」と比べても非常に赤いですね。ただ、写真に撮りませんでしたが、スープをかき混ぜてみると芝麻醤ベースであることがわかる色になりましたし、実際食べてみるとほどほどの辛さでした。
ほとんど痺れを感じなかったので、山椒はあまり使ってないのではないかと思ったのですが、元シンバシーの皆さんは大体結構入っているとコメントされていました。隣の席で麻婆豆腐を食べていた女性は山椒が凄いと言っていました。
具はしっかり味の付いた挽肉の他、刻んだザーサイがありました。このザーサイは食べると甘みが感じられ、いいアクセントになっていました。



画像
麺は若干ウェーブのかかったもので、際だった特徴はないものの、スープとの相性は悪くありません。



画像
半チャーハンは、サイズがわかりにくいですが、担々麺の丼よりちょっと直径が大きめの皿に盛られており、結構な量があります。炒め方が素晴らしいというわけではありませんが、サイドメニューとしては十分美味しいと思いました。がっつりさんは忘れずに付けるべきでしょう。



味と量には十分満足しましたが、この界隈のランチとしては945円(税込み)というのは安い方ではありません。接客も中国人の水準ですし、ゆったりと食べるスペースはありません。
ただ、麻婆豆腐定食(787円、税込み)や各種ある土鍋ご飯など非常に魅力的なメニューがあります。
万人に勧められるお店かというとちょっと躊躇しますが、接客などを期待せず、特徴あるメニューを楽しめる人には十分お勧め出来るお店です。


元シンバシー・シンバシエンヌの皆さんの記事はこちら

prayforrainさん
ジジの飼い主さん
Con Brio!さん


訪問日:2007/3/7 昼
お店の情報はこちらで→ Yahoo!グルメ
                食べログ.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

prayforrain
2007年03月08日 08:58
リクエストに応えていただきありがとうございます。
山椒の辛さを期待していると、芝蘭の汁なしよりは劣ってしまいますね。
なので汁なしと汁ありの両方、という表現を使ったのですが。
あのスープだったら麺はもうちょっと固めのほうが好みです。
ジジ飼い
2007年03月08日 18:09
ワタクシ、ここけっこう好きですよ~。一度しか行かなかったけど。
美味しいっていうより、大陸的なのです。(^^)
土鍋ご飯も美味しいので、次回はぜし!
山椒の味はなかなか強かったような気がするけど、、、
随分昔のことなので、はっきり思い出せません。。(^^;
Con Brio!!
2007年03月08日 22:42
行ったのが半年以上前なのではっきり思い出せませんが、(^^;)
確か山椒の風味が強かった&麺が柔らかかったという記憶が・・・
そういや確かに狭くて接客が雑でしたねぇ・・・
西新橋一時勤務
2007年03月09日 03:21
★ prayforrainさん

仰るとおり芝蘭の汁なしのように痺れる感覚はありませんでしたが、私には適度な辛さで美味しく頂きました。
麺は私ももう少し固くてもいいかなと思いました。写真撮るのがいけないのかもしれませんけど。
西新橋一時勤務
2007年03月09日 03:24
★ジジ飼いさん

山椒、結構強かったのかもしれません。辛さはスープの色からもラー油や唐辛子の性かなと思ったんですけど。
土鍋ご飯、熱くなる前に食べておきたいですね。
西新橋一時勤務
2007年03月09日 03:24
★Con Brio!さん

麺は確かに柔らかかったのですが、山椒の風味は・・・やはり結構強かったんでしょうね。味や香りがわからないことがばれてしまいました。
接客は中国人らしいものでした。

この記事へのトラックバック