虎ノ門・新橋リーマンランチ殿堂⑨/新橋 居酒屋 三力

画像


本日は、先日「ビアライゼ’98」の記事で閉店したと誤って書いてしまった「居酒屋 三力」をご紹介します。

画像
店構え、そして店内いずれも典型的な居酒屋であまり綺麗ではありません。カウンターの他は座敷のみで、テーブル席はありません。
店頭にあるメニューはこんな感じですが、店内に掲示されているメニューを見ると、これらに加えて刺身を組み合わせて注文できることが分かります。
例えば、肉じゃがなど肉メインの650円定食にまぐろぶつを追加すると780円になり、その他の刺身を追加すると980円の定食になります。
なかでも有名なのは1箱丸ごと出てくるウニです。



画像
この日は「ウニとイカ刺しの定食(980円)」を注文しました。
刺身はもちろん、大抵のものは作り置きなので速攻で出てきます。
定食にはご飯、みそ汁、小鉢が付くほか、卓上にふりかけと白菜の漬け物があるので、いくらでもご飯が食べられます。
というより、おかずの量がすごいので、そんな必要はないくらいですが。


画像


まずはイカ刺し。イカソーメンといった方がいい細さです。東京でこれだけ透き通っていて歯ごたえのいいイカがこの値段で食べられるお店は他に知りません。これだけでもこの値段を払う価値があるのではないかと思うくらいです。


画像
そしてウニ。もちろん国産のものではないと思いますが、とにかくウニを大量に食べられるのです。それほどウニに愛がある方ではないですし、ご飯はあまり美味しくないので、この日はウニ丼にしてみました。


画像
大きな丼に盛られたご飯をほぼ埋め尽くす量がありました。
わさび醤油をかけてわしわし食べていきます。
途中でイカ刺しも投入し、ウニイカ丼に。これもまたいい感じです。



ここは肉料理でもいいですが、真骨頂はやはり魚だと思います。焼き魚定食は3種類ほどあり、どれも600円で巨大な焼き魚が出てきます。
魚を腹一杯食べるなら十分選択の対象となるお店だと思います。

なお、閉店ではないかと誤解したことについて、おかみさんに確認したところ、水曜日は営業していないそうです。ご主人とおかみさんは営業したいそうですが他の店員の体がもたないとのことで営業しなくなったそうです。

【結論】魚好きで、一杯食べられる人にオススメ。

この店の記事で「まるで食べることが労働のようだ~。 」という名言を書かれたジジ飼いさんの記事はこちら


訪問日:2007/2/2
お店の情報はこちらで→ Yahoo!グルメ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ジジ飼い
2007年02月07日 14:53
三力も行ってる~~!
ココ、お魚はともかく、ご飯はごにょごにょだったので、あまり行きませんでした。(^^;
でも、サービス精神旺盛というか、個性的で面白いお店ですよね。
うにが箱ででてきてこのお値段というのも、銀座ではありえないですよ~。
こういう個性的なお店が多いのも新橋ならでは。
新橋に戻りたくなります~。
華麗叫子
2007年02月07日 15:46
これだけお魚がデリシャスで、ウニがひと舟ごと出ていらっしゃる(!)名物メニューまであるのに、ご飯がごにょごにょは本当にもったいないですわね!行きたい…行きたいけどごにょごにょなご飯はいやん♪…マイご飯持参ではさすがに言われるかしらん 笑
くに
2007年02月07日 16:35
ウニとかイカとか美味しそう。
僕はウニに愛ありますよ(笑)
おじさん向きのお店だそうで。。
この980円も安いですよね。
西新橋一時勤務
2007年02月08日 00:51
★ジジ飼いさん

ジジ飼いさんはネタとして行かれたんですよね。
その気になれば、うにを箱ごと買って自宅で食べることは出来ると思うんですが、普通そこまで思い切ったことはなかなか出来ないので、それを実現させてくれる貴重なお店だと思います。
ここでうにを食べてしばらくはもう食べたくない、という記事を目にしたりします(笑)

西新橋一時勤務
2007年02月08日 00:56
★華麗叫子さま

焼魚や煮魚は温かい状態では出てこないので、やはり刺身類がおすすめです。もちろん、以前食べた焼魚(つぼ鯛)も600円という値段が信じられない大きさと味でしたが。
ご飯は最初から全て食べないことにして、箸休め程度に少しだけ食べることにすれば我慢できるかもしれません。でも、叫子さまにお願いされたらご主人断らないでしょうね。
西新橋一時勤務
2007年02月08日 00:59
★くにさん

ウニは、国産の産地表示しているようなものとはさすがに味が違いますが、惜しげもなく食べるのはなかなか経験でいないと思います。
おじさん向きというより、量・値段ともに労働者(ガテン系含む)のためのお店、といった感じです。

この記事へのトラックバック